SERVICE サービスメニュー

カーサプラチナみなとみらい<オープン前見学>

みなさんこんにちは。おひとりさまコンシェルジュ相談員の野村です。
立春を迎えましたが、まだまだ寒さ厳しい日が続きますね。
さて、今回は人気高いエリアに4月オープン予定の介護付有料老人ホーム「カーサプラチナみなとみらい」の事前見学に行ってきました。
全90室で西区で初めての24時間看護師常駐のホームになります。
建設中の時から、噂の施設です。

カーサプラチナみなとみらいは、なんといってもアクセスが抜群!
横浜市営地下鉄ブルーライン「高島町駅」より徒歩3分の距離にあります。他にも3駅利用可能で、JR・東急東横線「横浜駅」、JR・横浜市営地下鉄「桜木町駅」、京急線「戸部駅」からも徒歩圏内であることが魅力の1つです。

この日は横浜市営地下鉄を利用したので「高島町駅」を下車し、出口から右側に歩き、木曽路を越えてすぐのところにありました。
1階にスーパーマルエツがあるので見つけやすいです。

カーサプラチナみなとみらいの外観はこのような感じです。

1階にはスーパー、2階・3階は有料老人ホーム、4階から上階は保育園や居住空間になります。
入口は表側ではなく、裏側にあります。表側から回ると少し迷うかもしれません。
実際、私は迷いました_(._.)_

中に入るとかなり広い館内が見渡せます。
入口にはコンシェルジュがおり、皆さまの生活のサポートをします。
右手に行くとかなり広々とした食堂があります。

基本的には1階に皆さん降りられてのお食事になります。
もちろん、食事介助が必要な方や寝たきりの方も柔軟に対応します。
厨房の給食会社はレオック。美味しくて安心なお食事を提供。気分によってメニューを変更することができます。ご入居者様の食の楽しみも増えていいですね。

実際に、試食をしました。

この日のメニューは、天ぷら・茶碗蒸し・おひたし、ご飯、味噌汁です。
この他にもカレーライスやイベントで提供するプラチナ食の試食もしました。


天ぷらはあっさりしていて、脂っこくなくご高齢の方でも食べやすい味付けです。
茶碗蒸しは出汁がでていて美味しく頂きました。

デザートは甘すぎず、クリーミーでコクがあり食べやすかったです。

食堂の奥にはラウンジがあり、こちらでは来訪されるご家族様とご入居者様のお話しするスペースとしてご利用いただけます。
スーパーで買ってきた食材を調理し、ご家族で楽しんでいただくこともできますよ!

お部屋は2階からになります。まず個室から

こちらは約18平米の広さになります。居室内はエアコン、介護ベッド、ナースコール、トイレ、洗面台などが付いています。


居室内にあるナースコールは、カメラセンサーと連動しています。
職員のナースコールを鳴らしたら、スマートフォンに転送される仕組みになっていて、呼吸の変化や夜間、居室内で転倒されたときなどに感知しセンサーが反応します。
ご入居者様の離床や起床の回数を映像で記録し、夜間トイレに何回行っているかなど身体状況を把握することができます。
転倒時には1分前後の動画を見ることができ、転倒した原因から今後の再発防止策まで検討することができるのもいいですね。
この他に、高齢者の方に喜ばれる床暖房も付いています。冷え性の方にオススメです。

ご夫婦部屋はこのような感じになります。

夫婦部屋には、シンクがついています。シャワーブースの部屋と浴槽がついている広めのお部屋があります。
ご夫婦部屋は数が少ないので、すぐに埋まってしまいそう可能性があります。

2階には機能訓練ルームがあり、理学療法士によるリハビリを受けることが出来ます。
オープンスペースなリハビリ室で開放的です。

週に2回、お風呂があります。個浴が5室あります。機械浴は、寝台浴の他に中間浴もありご入居者様の身体状態に合った入浴をお選びいただけます。
こちらが寝台浴。

 

こちらが中間浴。

大浴場はないのですが、個浴は沢山あります。

見守りが行き届くように対応しています。お洗濯はお風呂の日の週2回、回収して外の業者さんに出します。施設内で洗濯しないので感染症の予防になりますね。

周辺環境に恵まれていることもあり、イベントは色々検討されています。
みなとみらいという地を生かしてインターコンチネンタルホテルやロイヤルパークなどの周辺ホテルで外出イベントも考えているそうです。

24時間看護師が常駐しているので医療依存度が高い方もご相談ください。
まずは一度、カーサプラチナみなとみらいをご見学ください。

<カーサプラチナみなとみらい>
・介護付有料老人ホーム
・横浜市営地下鉄ブルーライン「高島町駅」より徒歩3分、JR「桜木町駅」より徒歩10分、JR各線・東急東横線「横浜駅」より徒歩13分、京急線「戸部駅」より徒歩8分

 

ウェルケアガーデン深沢<オープン前見学>

2018年2月にオープン予定の住宅型有料老人ホーム「ウェルケアガーデン深沢」に、おひとりさまコンシェルジュの槌井(ツチイ)がオープン前の下見に行ってきました。

当日は都立大学駅から徒歩で向かいましたが、ホームまでは住宅街を歩くこと約16分。
行く途中に「八雲茶寮」という趣のある素敵お店を発見!
スマホで調べると夜は紹介制と。
残念ながら縁遠そうなお店ですが、一度は行ってみたいなぁと思いつつ歩いているとそこから近くにウェルケアガーデン深沢が!
建物の並びには保育園(ふかさわミル保育園)と特別養護老人ホーム(深沢共愛ホームズ)があり、高齢者と幼児が集う土地となっています。
ウェルケアガーデン深沢外観

ウェルケアガーデン深沢を運営するサンケイビルウェルケアは、フジテレビや産経新聞等で有名なフジサンケイグループ。
館内にはグループの傘下にある箱根彫刻の森美術館監修のもと、絵画なども随所に配置し高級感溢れる空間となっています。

館内に入るとエントランスラウンジから中庭を臨め、「介護施設」といったイメージとは全く異なる空間が続きます。
ウェルケアガーデン深沢エントランス
中庭は出られるようになっていますので、外出が難しい状態になった場合でも、ケアスタッフの付き添いで外気と花や緑に触れられる貴重な場所です。
1階には相談室やリハビリルーム、カフェテリア・ライブラリー、ファミリールームなどお部屋の他にも共用部分が多く配置されています。ライブラリーやカフェテリアは、外に面し開放的な空間で気分転換にはピッタリです。
ウェルケアガーデン深沢1階ライブラリー
また、リハビリルームにはパワーリハビリマシンが5種類用意されており、筋肉を鍛えるようなものではなく、生活動作の機能維持や向上を図ります。同じウェルケアガーデンシリーズですと「ウェルケアガーデン久が原」もリハビリマシンが豊富に用意されていますが、こちら深沢でもここ数年特に要望が多いリハビリに対応します。
ウェルケアガーデン深沢1階リハビリルーム
こうした老人ホームは、入居者一人ひとりのお部屋は決して広くはないので、お部屋以外の共用部分で過ごす場所があるのは、館内でのご生活時間も多くなることを考えると、生活の質を高める大切な要素です。
ウェルケアガーデン深沢共用ルーム

お風呂は各階に用意されています。浴槽や介助台の位置を動かすことができ、2方向または3方向から介助できる浴室など用意しており、機械に頼らずケアスタッフがご入居者の入浴の介助にあたります。
ウェルケアガーデン深沢浴室

リビングダイニングも各階に設け、身体状況にあわせたフロア構成を予定しています。中庭と面しているので、明るさや景観など時間や四季をしっかり感じることができます。またリビングダイニングにある椅子は、高さの異なる3タイプを用意。小柄なご入居者、背の高いご入居者、皆様しっかり足が床につくよう細かな配慮が嬉しいです。
ウェルケアガーデン深沢ダイニング

続いてご入居者の個室。
約20㎡のお部屋には温水洗浄機能付トイレ、エアコン洗面台、介護用電動ベッド、カーテン、クローゼットの他に、床暖房も付いていてこの時期は特に重宝しますね。
ウェルケアガーデン深沢個室
その他、お部屋には居室内見守りシステムが完備。起床や離床による通知や夜間の呼吸による体動の異常の検知、転倒や転落、ケアコールの通知時に入居者の様子を映像で確認できたりなど、お部屋で一人の時も最新のシステムでより安心な環境を提供しています。このシステムはもちろん入居者にメリットがあるものですが、ケアにあたるスタッフの助けにもなり、業務の効率をあげ、その時間を入居者との時間にあてられるなどという側面も出てくると期待しています。
この他、お部屋と廊下のドアは室外の音を25デシベル減らす遮音ドアを全室に採用しています。今まで自宅で過ごされていた方が、施設というある種共同生活の環境になるので、音の件での改善は小さいようで生活していると大きな点かと思います。
ウェルケアガーデン深沢室内トイレ
細かな配慮は室内のトイレなどにもあり、今までのノウハウが詰まった施設となっています。

介護付や住宅型の種別では住宅型の有料老人ホームになりますが、介護が必要な方もご入居可能です。
住宅型の特質の一つ、外部の介護サービスを利用することが可能ですので、近隣のデイサービスなど通い慣れたところがあれば引き続きご利用になれます。もちろん住宅型のよさ、マンツーマンの介護も受けられますので、個別のご要望に応えやすい環境ですし、さらにコンシェルジュを配置し、ホームの中でのアクティベティとは別に、習い事や買い物、コンサートなどご入居者の個別のご要望に応える「スペシャルプラン」をプランニングします!
ホームに入ったから楽しみだったこれはもう出来ない・・・、という考えではなく、いくつになっても人生を愉しむ、ことを大切にしています。
ウェルケアガーデン深沢朝食例

看護師も24時間常駐していますので、日々の健康管理はもちろん、看護対応が必要な状況になっても対応がとれる体制を敷いています。
ホームに来る往診医も2つあり、関係医療機関としては東邦医大大橋病院や日産玉川病院も。

「自立支援介護」というコンセプトのもと、自立した生活を支えることを大切にするウェルケアガーデン深沢。
オープン後にご入居者の様子や生活を支えるスタッフ、コンシェルジュの活動をまた見に行ってみたいですね。

 

[ウェルケアガーデン深沢]
住宅型有料老人ホーム
東京都世田谷区深沢1-32-18
東急東横線「都立大学」駅より徒歩16分
または「都立大学」駅よりバス、「都立大学理学部前」下車徒歩1分
その他「自由が丘」駅、「駒沢大学」駅、「桜新町」駅よりバスあり

エスペランサ南小岩<施設見学>

東京都江戸川区にある介護付有料老人ホーム「エスペランサ南小岩」におひとりさまコンシェルジュ相談員・野村が見学に行ってきました。
小岩駅より徒歩15分で、京成バス葛西・瑞江駅行き「小岩駅入口」を下車徒歩2分の距離にあります。住宅地の中にあるのを見つけました。

外観はこのような感じです。

全18室の小規模型でこじんまりしていてアットホームな雰囲気の施設です。
家庭的で安らげる雰囲気を感じられうように小規模型施設にこだわったそうです。

玄関入ってすぐにクリスマスツリーが。きれいですね。

お部屋はこのような感じです。約18平米から20平米の広さのお部屋になります。

居室内には、介護ベッド、カーテン、トイレ、洗面台が付いています。

人員体制は2:1と手厚く、毎週日曜には、理学療法士が来て個別リハビリを20分から30分行います。人数が少なく手厚い人員であることから、職員との距離も近くより濃いケアがうけられるという印象を受けました。


各階でお食事を召し上がります。

こちらが浴室です。ピンクの浴槽は機械浴になります。
一般の方は、大浴場の入浴になります。

ショートステイ、体験入居もやっています。
施設での入居が不安な方などショートステイや体験入居がオススメです。

ここの特徴は、目が届く距離にご入居者様がいること。
かわいらしい施設なのでぜひ一度、見学にお越しください。

<エスペランサ南小岩>
・介護付有料老人ホーム
・小岩駅より徒歩15分で、京成バス葛西・瑞江駅行き「小岩駅入口」を下車徒歩2分

ボンセジュールつきみ野<施設見学>

神奈川県大和市にある住宅型有料老人ホーム「ボンセジュールつきみ野」におひとりさまコンシェルジュ・相談員の野村が見学に行ってきました。
東急田園都市線「つきみ野駅」下車徒歩6分でアクセス良好!大和市はもちろんのこと、都内では町田や藤沢からも来やすい環境にあります。
ドラッグストアのクリエイトを超え、向い側の道路を渡りセブンイレブンの横道をずっと歩いて行くと見えてきます。

 

2013年にオープンして今年で5年目の施設になります。
全68室の完全個室。2階建てで外観はかわいく、施設感はなかったです。
館内は、広々としていてご入居されている方は表情が明るく、比較的お元気な方が多い印象を受けました。ご入居者様同士でお話しをされ館内をお散歩されていたり、広間でお茶をされていたりとすごく感じがよかったです。
1階のお部屋はガーデニングが好きな方にオススメ。お部屋によっては庭に専用花壇が付いています。

こちらがそのお部屋の様子です。
かわいいですね。写真から花壇が見えますね。



居室内には、クローゼット、テレビ配線、ナースコール、温水洗浄機能付トイレ、介護用電動ベッド、洗面、電話配線、冷暖房が付いています。
中庭が見えるので四季を感じられるところもオススメです。
近くに、航空基地があることから防音防止の為窓ガラスは2重になっています。

廊下はこのような感じです。


 

 

ビューティールームもあります。かわいいです。

個人風呂はこちら

機械浴はこちらです。

 

この日は、試食をしました。
松花堂弁当です。有料になりますが、一度召し上がって頂けるメニューになります。

 

 

天ぷら、茶碗蒸し、おこわ、おひたし、西京焼き。美味しく頂きました。

食事の時間は2時間設けられていて、この時間の間に来て頂ければ自由に食べられるそうです。時間に拘束されないのはいいですね。

 

 

 

おちらはご入居者様がレクで作成された、ねぶたの切り絵です。
一枚一枚色紙をちぎってスタッフと一緒に作られたんだそう。完成度が高いです。

ボンセジュールつきみ野は住宅型の部類になりますが、介護付きのような施設です。食事介助が必要な方は、時間をずらして職員が対応できるように工夫をされていたり、施設長と介護職員が連携とれていてご入居者様の対応をされていたのも印象的でした。

いつも空室が1部屋であったり、満室になったりする人気施設になります。
ぜひ一度、ご見学を。

<ボンセジュールつきみ野>
・住宅型有料老人ホーム
・東急田園都市線「つきみ野駅」より徒歩6分

 

そんぽの家 錦糸町<施設見学>

江東区の住宅地にある介護付有料老人ホーム「そんぽの家錦糸町」へ、おひとりさまコンシェルジュ相談員・野村が見学に行ってきました。JR総武線錦糸町より徒歩8分、都営新宿線・東京メトロ半蔵門線住吉駅より徒歩6分で2駅利用可能です。アクセス面が恵まれた立地にあります。
錦糸町駅からみずほ銀行の大通をまっすぐ行って、地下道をくくった後に左手側に歩いて行くと見えてきます。閑静な住宅地の中にあります。
外観はこのような感じです。

施設前には大きな敷地の公園があり、この時期は紅葉が楽しめたり、お散歩ができたりと自然に囲まれた良い環境です。

ホームは6階建ての全57室。玄関入ってすぐに靴を履いたままお部屋のある階まで行けます。

お部屋の様子です。


介護付の施設では珍しく居室にはミニキッチンや浴室が付いておりご自宅のような造りになっているので、介護施設に入居抵抗があるや要支援でほとんど身の回りのことはできるけれど、将来が心配・・・などという方などにはオススメです。
この見学できたお部屋も、もう入居が決まっていて空室が出たら問合せが殺到するほどの人気施設。

 

費用は入居金0円、月額23万200円で初期費用がかかりません。入居金ありで月額23万円台の施設はよく見かけますが、入居金0円で月額23万円台の施設は中々ないのでオススメです!

施設内に常駐している看護師は、白衣を着ず介護職員と似たようなユニフォームを着てエプロンを着用。圧迫感を与えず親近感をもってもらえるように工夫をされていました。

1階にはお風呂とお食事を召し上がるフロアがあります。


こちらが機械浴になります。寝たきりの方を主に対応します。
見た目、古く感じますが介護職員がしっかりついて介助するので安心です。

 

この施設は、介護施設では必要とされるエアマットや車椅子など生活上で必要な場合、購入せずに施設側から無料でレンタルできるので、余計な費用を払わなくていいのが特徴です。非常に良心的な施設です。

江東区の方が多くご入居されているので、どこか地域性を感じました。

 

<そんぽの家 錦糸町>
・介護付有料老人ホーム
・JR総武本線「錦糸町」駅から徒歩約8分。東京メトロ半蔵門線「住吉」駅から徒歩約6分。都営新宿線「住吉」駅から徒歩約6分。