CASE STUDY 事例紹介


をご利用のT様の場合

地方在住T様は、ご主人を亡くされたのを機に、親族が探した千葉県のサービス付き高齢者住宅へ移住。しかし事前の説明とあまりに異なる点が多く、転居を視野におひとりさまコンシェルジュへ相談・転居されたケース。

子どもがいないT様は今後、財産の管理や後見人の件など
専門家のサポートが必要になります。

をご利用のK様(ご夫婦)の場合

都内の戸建てにご夫婦でお住まいのK様。
ご長男は海外、ご次男は都内在住ですが、多忙でなかなか面倒が見られない。
奥様の認知症、自宅の階段、ご自身の負債等もあり、自宅を売却しご夫婦で介護付有料老人ホームへ転居したケース。

親族だけでは十分な面倒が見られないK様。
身内がいても、おひとりさまコンシェルジュは対応可能です。

をご利用のI様の場合

長らく独居のI様。自宅の物の整理がひとりでは大変で定期的にお部屋の片付けを利用。
現在は定期訪問で生活状況の確認などのサポートが受けられる見守り契約を検討中のケース。

ご自宅でご生活中のI様。
その時々で必要なサポートを受ける事ができます。